So-net無料ブログ作成
検索選択

競技会見聞録 [第12章 初級騎座拳安定編]

 2007-05-13(Sun) 県馬連創設記念大会 障害飛越競技
■お誘いをいただいてクラブのジャンピングチームの応援に行くことにした。
今回は競技会常連の【霧丸】や【時鮭】【ノワール】に加えて、外馬の【カエサル】【エクセルシオ】も出場する。
普段のクラブ内でのんびりする姿とは違って、重量感のある走りや豪快な飛びに「うわっ」「ほぉう」「すごい迫力」とドキドキする一日となった。

■観戦していると、びびり屋の私には「如何に速くコースを回るか」より「人馬ともに無理なく気持ちよく跳んでいるか」に目がいく。
観覧席の前がちょうど180度回り込んで次の障害を跳ぶコースにあたり、
どのコースを選んで馬をどんな体勢で跳ばすのかがよく分かる位置だった。
最短に回り込むために馬の体を折り曲げて四肢を踏み替えさせるような方向転換をしたり、助走距離がほとんどない立ち高飛びのような飛越をしたりしている。
「そうか…勝負に出るときはこうやるんだ…」
スムースに無理なく飛べそうなコースを選んでいたら、凡庸なタイムしか出せないのだ。
「私なら絶対やれないなあ」
「アドレナリン噴出を楽しむチキンゲームだなあ」というのが正直な感想。
最終障害が目の前なので、興奮した馬の鼻息を聞きながら「馬もここまで頑張って障害を跳ぶんだ」と感嘆する。
■ドンドン加速する馬に乗るとか、いきなり方向転換するために手綱をグイグイ引っ張るとか、私が普段「やりたくないこと」が目の前に展開している。
馬が首を上げてあさっての方向を見たままでも高速で走らせているのをみたら「あらあ、こんなのでも走れるのだ」と妙に納得。
普段のレッスンで「これじゃあ出来ません」と嫌がる私に「だいじょうぶです」と4%先生が言う理由がわかった。
修羅場をいったん経験すれば、多少のイレギュラーなんぞ平気というわけか。
乗馬って優雅なイメージがあるが、実はチキンゲームを楽しむ要素もあるのだ。
「怖くないように」と乳母日傘でやっているだけでは片手落ちなのかも。
いざという時は「闘える」からこそ、ゆとりある態度になるのだろう。
■恒例の〈他のクラブの人〉の観察も楽しむ。
ひとり目が離せない人がいた。グレーのショージャケットを着たプロの方。
すごいオーラ、素敵、どこの人だろう?
各クラブのインストラクターや関係者も多くいるのだが、それが猿山の猿にしか見えなくなるほど。
おばさんになってから乗馬を始めた者として、年若いおにいさんに「ほら、やって」「違うだろう」と怒鳴られながら馬に乗る姿は痛い。
「お客さんが楽しんで乗れるようにね」と穏やかで端正な雰囲気のまま馬の準備運動する姿に釘付けになってしまった。
4%先生もこの雰囲気に近いのだが、それがさらに貫禄がでてゆとりがある。
年取ったら私もああなりたい!
■日頃の自分の反省も含めて思ったのだが、
髪の毛をバサバサのままヘルメットをかぶるとかっこ悪い! まるで猿。
髪はきちんと後ろに束ねて項をすっきりさせてヘルメットをかぶることを心がけよう。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 4

chari

>グレーのショージャケットを着たプロの方

・・・これ、たぶん私のクラブの先生です^^
先生は馬にも人にも無理なことをさせないので、
みんな穏やかなんですよね~。
私は審判棟2階にいました。気がつきました??
今度、ぜひ、先生のレッスンを受けに来てください('-'*)
by chari (2007-05-14 09:41) 

うっしー

昨日は1人でご観戦のところ、突然のお邪魔失礼いたしました。
競技会を観て、レベルの違いに「私が目指す物はここに無いな」と、
お恥ずかしい感想を持ってしまいました。
せめて、もちぇさんの様な視線で観戦・観察できる様になりたいと思います。
by うっしー (2007-05-14 11:27) 

もちぇ

ひゃぉぉぉ〜 chari さんの先生だったんですか〜
グレイジャケットの御方は、理由もなく、とにかく惹き付けられて目が離せませんでした。
馬に乗る姿も歩く姿にも、つい視線を送ってしまい失礼なことをいたしました。
穏やかで端正なたたずまいだけでなく、なにか不思議なオーラを感じて運命に引き寄せられる気がします。

ところでchari さん、主審に敬礼する選手に「うむ」と答礼する姿はバッチリ見てましたよ。
先週に引き続き審判業務お疲れさまでした。
chari さんがいるからこの地域の馬術競技が成り立つというのはあながちウソではありませぬ。本当にありがとうございます。
by もちぇ (2007-05-14 21:11) 

もちぇ

うっしーさんたちとご一緒できて楽しかったです。
今回で観戦3回目というお話をきいてびっくり。
研究熱心でいらっしゃる〜
私も障害飛越競技は「命が惜しいからやめておこう」というクチです。
でも人も馬も成長しますから、あと何年か後にうっしーさんの応援であの観覧席に座っているかも… 
by もちぇ (2007-05-14 21:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。