So-net無料ブログ作成

ビジターの品格

 2008-03-12(Wed)
■クラブがなくなったら、
よそのクラブにビジターでお世話になる以外、馬に乗る方法はない。
そう思うと、現在ビジターでいらしている方々の言動が気になる。
いずれ我が身となるのだから、しっかり観察してよきビジターとなる指針としなければ。
残念なことに「素敵だな、お手本にしたいな」というケースは皆無。
反面教師ばかり。
(最近の私は〈怒り・いらだち〉が頻発しているようだ)
■クラブは最大限の努力でビジターをもてなすものだ。
フロントからスタッフ、会員までもが「楽しいひと時が過ごせるように」と心遣いする。
なんだか、それを勘違いしてしまっている人達がいる。
とくに何度かビジターでやってきて慣れてくる時に、鼻持ちならなくなる。
それがおばさんのグループだと最悪。
自分たちだけの世界でぺちゃくちゃ。
ここは観光地じゃない! おもてなしを売り物にする施設じゃない!
馬に乗るための場所なんだ。
最近モンスターペアレンツとかモンスターペイシェントとか、サービスを過剰に要求してくる輩が増殖中らしいが、
この人達にも片鱗が見られる。
■そして最悪は、遅刻しても連絡なしの人。
【アレフ・ゼロ】は準備万端整えて、長時間待たされ、馬房に戻され夕ご飯を食べ出した所で再度呼び出し。
他の仕事に手をつけたスタッフはそれを中断。
だれも文句はいいませんが、馬も人もすごーい迷惑を被っているという現実があるのだ。
■連絡なしの遅刻やキャンセルはしない。
出会った人には、挨拶をきちんとする。
馬やスタッフのおもてなしに感謝し、態度にあらわす。
クラブの道具や備品を大切に扱う。
使う馬具や馬装の方法は、スタッフに確かめてから。
他のクラブの料金や教え方と露骨に比較しない。
ゴミは持ち帰る。
あたりまえのことだと思うのだが…


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

plummama

今のいい歳をした大人たちの品格のなさが、そのまま子供にも影響しますよね。
戦後日本の高度成長を支えてきた団塊の世代のサラリーマンたちは殆ど家庭を顧みず、子供の教育は母親一人に任せてしまってきたのと、核家族化によって更に子供の躾がいい加減なものになってしまったんじゃないかと思うんですよね。
今問題になっているモンスターペアレントも、保護者世代はちょうど団塊の世代の人達の子供たちでしょ。親の教育が成ってないから善悪の判断もいい加減で自分の正義が全てだと思っている。
常識のない人はごく一部の人間だと思いたいところだけど、どんどん増殖しているんですよね。これからも日本人の品格はさらに低下するんじゃないかと・・・。
以前、TVで給食費を払わない保護者がインタビューで、そんなの義務教育なんだから国が費用持つべきでしょなんて馬鹿なことをぬかしていた。正々堂々と主張したいなら顔にモザイクかけたりするな!実名公表してみろ!正しいと思うならできるだろ!それができないっていうのは、後ろめたさがあることの証明以外の何者でもないぞ<(`^´)>と、その放送を見ながら腹立たしさを覚えたものです。
長文失礼しました(*^_^*)
by plummama (2008-03-15 13:18) 

カーヴドエア

反面教師にしたいと思います。
by カーヴドエア (2008-03-16 12:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。