So-net無料ブログ作成

巷に雨の降る如く [終章]

 2008-03-31(Mon) クラブの最終日
■冷たい雨が強くなったり弱くなったり。
最終日の午前中は運悪く雨模様。
後味の悪い騎乗になるのが嫌で
「乗りません、道具の後片付けだけに来ました」と言ってしまった。
配馬表には【山桜】
予約してあるそれぞれの方に、縁のある愛馬たちが配馬されている。
クラブからの最後のプレゼントだったのだ。
■振り仰いで空から落ちてくる雨粒を受け止める。
後悔しないようできるだけのことはやった。
それでも心がちぎれるように痛む。
 ー 巷に雨の降る如くわが心にも涙ふる。
■いとおしい馬たちに挨拶をして、道具をすべて車に積み込む。
駐車場を出て障害アリーナをまわり込む道を通る。
2年前に植えた桜のか細い並木に花が咲いている。
ふと見ると、雉が一羽植え込みを歩いている。
「つくばらしいなあ」
このクラブで過ごした日々は、私にとってどんな意味があったんだろう。




nice!(0)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 9

tomo

お疲れ様でした。
最後の日に雨というのは少し出来すぎのような気がします。

>後悔しないように・・・
私の場合、段々と先が見えてきた人生に後悔しないように、何事にも一生懸命やりたいと思っています。
ただ、肩の力を抜くことが必要な時があるのかもしれません。

これからも、時々こちらにお邪魔してコメントさせてくださいね。


by tomo (2008-03-31 20:25) 

うっしー

私の最終騎乗は、雨上がりのお日様に照らされながら障害アリーナでの山桜。
腹帯を締めて、常歩で馬上体操をしていたところ、もちぇさんが見かけたのと同じ(?)雉が飛び立ちまして…山桜は180度方向変換。
私は水たまりに座っていました(笑)
(再騎乗して45分のレッスン&お手入れはしました)

最後にオチをつけた形になりましたが、私らしくて良かったのかもしれません?
by うっしー (2008-03-31 20:54) 

HN

横入りしてすいません。
ギャラリーとして、うっしーさんが水溜りに座っているところを目撃してしまいました。その後、騎乗されてましたが、雨上がりの澄んだ空気と光、春の景色の中で馬が運動している姿に思わず見とれてしまいました。うっしーさんはチョット寒そうでしたが...でも素敵な最終騎乗姿でしたよ。

いろんな人の色々な思いが詰まったクラブはこれで閉まってしまいましたが、どこかでまたお会いできると思っています。その時を楽しみに。
by HN (2008-03-31 22:20) 

うっしー

週末ライダーが平日(年度末の晦日)に仕事を休んで趣味に興じると
こんな時間まで仕事をしなければならない…
(自由に時間を動かせるだけ幸せなのかもしれませんが)

何となく、そんな気がしてクラブHPを定期監視(?)していたところ先程白ページになりました。(深夜にご苦労様です)
こんな小さな事でも感傷的になりました。

ブログコメント欄を、まるで掲示板の様に使ってスミマセン。
by うっしー (2008-04-01 02:41) 

カーヴドエア

>tomo さん、肩の力を抜く必要をご指摘いただいて、感謝です。
「リラックスして無駄な力をいれず(運命の)動きについていくべし」って、乗馬から学んだことですものね。

>うっしーさん、最終騎乗のお話がおもしろ過ぎます!
身体の方は大丈夫ですか?(付け足しのようですみません)
雨の中さびしい思いでクラブを離れたのですが、おかげさまで心がほんわか。【山桜】のお手入れもありがとうございました。

>HNさん、その時の情景がありありと浮かびあがる記事、ありがとうございます。まるで自分もそこにいたみたいに感じられます。
いろいろな想いがあったんですよね… どこかでまた聞かせてください。

>うっしーさん、お疲れさまです。
思い出のよすがとして、寄せ書きコーナーにしちゃおうと思ってます。
自由に書き込んでくださいませ。 
by カーヴドエア (2008-04-01 06:10) 

chari

終わりましたね。全部。
4%先生はヒマヒマになりましたよww
このひとつきくらい、自分の馬にちゃんと乗ってもらいたいもんです。
まったくなんでてんてんにいつも恥をかかせるのか・・・ブツブツ。

それにしてもこないだの試合は、本当にびっくりしましたよ!
馬に振り回されていた(失礼)最初のときとは別人でした。

これからも、楽しく乗りましょーね♪
by chari (2008-04-01 09:27) 

カーヴドエア

>chari さん、お世話になりました〜
感無量でございます。
いろいろな意味で感謝いたしております。
これからどうしようと不安にもなりますが、一歩ずつ進んで行きたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。
by カーヴドエア (2008-04-01 23:23) 

JIRI

 はじめまして。 
私は35歳から乗馬をはじめました(ちなみにまだ200鞍ぐらいです)。試行錯誤しながらいろいろなブログチェックをしていて、このもちぇさんのブログに出会いました。
 わたし、もちぇさんのブログと出会えて本当に良かったと思ってます。馬の乗り方(レッスン中のもちぇさんの気持ちとか先生の言葉とか細かく書いてあって、めっちゃめちゃ為になります!)ももちろんですが、馬に対する想いとか接し方とかとにかく私の馬人生を左右したと言っても過言ではありません!実は私は自分の姿勢とか、自分本位で馬に乗りがちでした。でも、このブログのおかげで変わったと思ってます。ありがとうございます!!
 あと、毎回のすばらしい文章!なんていっていいのか。情景とかが思い浮かぶ感じ。クラブが無くなってしまうあたりからは、読むたびとても切ない気持ちになりました。
 そしてそして、もちぇさん!ブログ続けられますか??とても楽しみにしています。まだまだ、読みたいです。。。

 いきなりの嘆願メールになってしまいすみません。
 
by JIRI (2008-04-04 10:27) 

カーヴドエア

JIRI さん、私のブログを読んで下さってありがとうございます。
『ー思い出は物や写真だけでは独り立ちできない。思い出は〈誰か〉に向けられた語りの中に存在している。〜語りの中で再確認され、他の人に語ることによって価値を増す。』(朝日新聞:心体観測 人と物の心理学8 思い出は語りに存在する ー野島久雄ー)
これは最近の新聞コラムで見つけた文章です。
いとおしい馬たちとの時間をどこかにとどめておきたいと書いたブログを受け止めて下さる方がいて、ほんとうに有難く思っています。

乗馬日記に関しては、騎乗しないと書くことができないので…(苦笑)
ただ、自分のたどってきた道を振り返ることはありますので、これで終わりにはしないつもりです。
楽しみにしていただけて恐縮する次第です。
by カーヴドエア (2008-04-05 17:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。